児童虐待で男児餓死

児童虐待で男児餓死 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

京都府長岡京市で、男児が食事を十分に与えられずに餓死した事件で、逮捕された父親の佐々木貴正容疑者(28)が9月下旬ごろ、長男拓夢ちゃん(3)の様子を見て、同居していた西村知子容疑者(39)に「このままでは死んでしまう」と言っていたことが23日、京都府警向日町署の調べで分かった。

~時事通信~


だから何?」って感じですね。

バカな女とバカな男の事件についての続報です。
このままでは死んでしまうと判っているならば、何らかの手を打つのが父親ではないでしょうか?


ただ、「言った」だけで何もしなければ同罪でしょう。しかも、その被害者が我が子なんですから、タチが悪いなんてもんじゃない。

とりあえず、この二人の親は餓死させてしまえば良いのではないでしょうか?
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marcy1024.blog39.fc2.com/tb.php/263-afd21acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
京都で3歳児死亡顔にアザ、体重は半分22日午前10時55分ごろ、京都府長岡京市西の京、運送業の男性(28)方から、内縁の妻(39)が「子どもがぐったりして動かない」と119番通報。救急隊員が男児を搬送した
2006/10/23(月) 21:19:37 | DANGER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。