片山35人抜き予選突破…マスターズ第2日 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=golf&a=20070408-00000074-sph-golf

片山35人抜き予選突破…マスターズ第2日 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=golf&a=20070408-00000074-sph-golf に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

 ◆男子ゴルフメジャー第1戦 第71回マスターズ第2日(6日、米ジョージア州オーガスタナショナルGC) 初日75位と出遅れた片山晋呉(34)=フリー=が、3バーディー、3ボギーの72と粘り、通算7オーバー。35人抜きの40位で予選を突破した。谷原秀人(28)=フリー=は20オーバー91位で予選落ち。2年ぶり5度目の優勝を狙うタイガー・ウッズ(米国)は、3オーバーとスコアを落としながらも15位。ティム・クラーク(南アフリカ)とブレット・ウェターリック(米国)が2アンダーで首位。アーニー・エルス(南アフリカ)とセルヒオ・ガルシア(スペイン)がともに66位で予選落ちした。
写真はコチラ

 最終18番、フェアウエー右からの第2打で片山が狙ったのは、何とグリーン左側の観客席だった。右サイドは林が邪魔で、バンカーもある。「あそこなら(ラフが)踏み固められているから」狙い通りボールは席の最前列に落ち、座っている観客の中へ。絶好のライから1メートルに寄せパーセーブ。「シンゴ!!」の声援にボールを投げ入れた。

 マスターズの予選通過ラインは44位タイ以内か首位と10打差まで。スタートが遅かった片山は、上位が通算2アンダーで終了したことを確認。8オーバーを目標にしたが、「(7オーバーとなった)11番から足が震えて」いたという。

 出場選手のだれもが苦しんだ難しいコンディション。11番で外した1・5メートルのパーパットは「10回やっても1回しか入らない」ほど難しい下りのフック。上がり4ホールのグリーンは「人生で一番速かった。まるで板みたい」。この日のバック9の平均スコアは38・593。ボギーを打たなかった選手は誰もいなかった。

 自身ワーストの79から巻き返した。初日79以上で予選を突破したのは、日本人では1936年の戸田藤一郎(初日81)以来71年ぶり2度目。ボールが上がりやすいように、SWのロフトを58度から59度に変えた。すでに5回変えているパッティングのグリップも、また変えた。創意工夫で「オーガスタで一番良かった」と自画自賛するゴルフができた。

 3年連続の決勝ラウンドに向け「60台を出したい」と意気込んだ。自己ベストは01年と06年(ともに2日目)の70。来年の出場権が得られる16位以内は4打差と射程圏だ。米国ですっかり定着した「カウボーイ・シンゴ」は、もうひと暴れする。


<Yahoo!ニュースより>

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=golf&a=20070408-00000074-sph-golf
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marcy1024.blog39.fc2.com/tb.php/323-0d6407b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。