「平成の名勝負」米国で再現=松坂-イチロー、集中力が頂点に-大リーグ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000059-jij-spo

「平成の名勝負」米国で再現=松坂-イチロー、集中力が頂点に-大リーグ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000059-jij-spo に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

 日本が誇る投打両雄の対決が、7年ぶりに米国で実現した。フェンウェイ・パークでの第1打席、松坂は初球のカーブを真ん中に決めると、続く2球目は内角に食い込むようなカットボール。イチローも食らい付くようにバットに当てる。6球目、94マイル(約151キロ)の直球を打ち、打球は松坂の正面へ。結果は投ゴロでも、見るものを緊張させる雰囲気があった。
 イチローは前日、大リーグで5度目となる1試合3三振を喫した。だが、松坂との対決を前に集中力を取り戻した。「まっさらだった。雑念が全くなかった」とイチロー。集中力は頂点に高まっていた。
 対する松坂は、直球に本来の球威がやや影を潜め、初球は変化球から入るなど慎重な投球だった。「すべて(の球種)を使って抑えてやろう、という意識が強かった」
 直球にはこだわらず、第3打席はフォークで空振り三振に。ストレート勝負より、打たれないことにこだわった松坂。イチローは「人を喜ばせるタイプではないけれど、(自分と)同じ」と松坂の負けん気を認めた。
 4打席の勝負は、無安打に抑えた松坂に軍配が上がった。それでも、松坂は「納得できるものではない。打ち損じてもらった感じ」と満足していない。イチローは「いつだって僕を奮い立たせてくれる」と、次回の対決での雪辱を誓った。「平成の名勝負」は舞台を米国に移し、再スタートした。

<Yahoo1ニュースより>

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000059-jij-spo



【本日の無料レポート紹介】


○正しい休日の過ごし方

日曜日の夜が悲しくなる人に読んでいただきたいレポートです。
あなたの時間の過ごし方が根底から変わり、曜日に関係なく、毎日が充実した日々となることをお約束

します。


http://mag-zou.com/report_get.php?id=m0000130996_30&n=m1000006139
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marcy1024.blog39.fc2.com/tb.php/384-5891847a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。