新たな国民対話を試験実施=「やらせ」なしで規模縮小-政府

新たな国民対話を試験実施=「やらせ」なしで規模縮小-政府 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

 政府は16日夜、「やらせ質問」などの発覚で打ち切られたタウンミーティング(TM)に代わる新たな国民対話を都内で試験的に開催した。TMと比べ開催規模を縮小し、経費を抑えたのが特徴で、7月にも本格実施する。今回のテーマは「行政改革」で、渡辺喜美行革担当相が質問に答えた。参加者は応募した66人を大幅に下回る36人にとどまった。
 会合では、渡辺行革相が公務員制度改革について「命懸けでやっている。すごい改革だ」などとアピール。参加者からは「現場の現状を踏まえて改革してほしい」などの意見が出た。
 TMについては高額な開催経費も問題となったことから、低予算で借りられる都中小企業振興公社の庁舎を会場に使用。速記や警備など必要経費を約100万円に抑えた。双方向性も重視し、募集人員をTMの300人規模から70人程度に改めた。また、司会の世耕弘成首相補佐官が発言を希望する参加者をそれぞれ指名。「やらせ質問や発言依頼は一切ない」(内閣官房)としている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070417-00000004-jij-pol


【本日の特選無料レポート】

○「爆発する台を見分ける方法」お教えします!!

パチンコデータ攻略!!

データロボを使い本日の波を予想します!!

少ない投資で爆発台に挑みます!!

http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1000004347_5&n=m1000006139
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marcy1024.blog39.fc2.com/tb.php/508-016ec502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。