長崎市長が死亡=銃撃で大量出血、意識戻らず-組幹部関係先を捜索・県警

長崎市長が死亡=銃撃で大量出血、意識戻らず-組幹部関係先を捜索・県警 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

 伊藤一長・長崎市長(61)が銃撃された事件で、同市長は18日午前2時28分、大量出血のため搬送先の長崎大学付属病院で死亡した。長崎署捜査本部は同日午前、殺人未遂の現行犯で逮捕した指定暴力団山口組水心会会長代行、城尾哲弥容疑者(59)について、容疑を殺人に切り替えて本格的な取り調べを始めるとともに、関係先を家宅捜索した。
 病院によると、市長は17日午後8時10分ごろ病院に運ばれた。到着時、既に心肺が停止しており、約4時間にわたる手術を受け集中治療室に入ったが、銃弾は右の心室を貫き、心臓が裂けている状態だった。右心室からの出血が激しく、1万1760ミリリットルを輸血したが、意識は回復することなく、一言も発しなかったという。
 捜査本部は18日早朝から長崎市内の水心会の事務所や城尾容疑者の自宅、車など関係先数カ所を家宅捜索し、詳しい動機を調べている。
 市によると、城尾容疑者は2003年2月、同市弥生町の市道工事現場のくぼみに自分の車がはまり、破損する事故を起こし、補償を要求。市道路維持課は、同容疑者と工事請負業者との仲介をした。
 城尾容疑者は30回以上、同課に抗議に訪れ、要求していた補償額は、当初60万円だったが、最後は270万円まで膨れ上がった。市は04年12月、県警に相談したが、「不当要求だ」と助言され、05年1月、同容疑者に「これ以上取り合わない」と伝えていたという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000021-jij-soci


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marcy1024.blog39.fc2.com/tb.php/541-513a1572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/04/18(水) 19:11:57 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。