長崎市長射殺 「背後から2発」供述 城尾容疑者謝罪の言葉なく

長崎市長射殺 「背後から2発」供述 城尾容疑者謝罪の言葉なく に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

 長崎市の伊藤一長市長射殺事件で、逮捕された山口組系水心会(解散)会長代行、城尾哲弥容疑者(59)が長崎県警の調べに対し、「市長を殺すつもりで背後から拳銃2発を撃った」と供述していることが19日、わかった。取り調べの中で市長が死亡したことを伝えられると、「ああ、やっぱり死んだのですね」と淡々と応じ、謝罪の言葉などはなかったという。

 長崎署の調べでは、城尾容疑者は犯行当時、上着のポケットに二十数発の実弾を所持。犯行に使われた回転式拳銃はSWボディーガードで、弾倉には5発の実弾が入るが、3発が残っていたといい、供述通り2発を発射したとみられる。県警は確実に伊藤市長を殺害するため、大量の実弾を隠し持っていた可能性が高いとみて、動機などについて追及している。

 一方これまでの調べで、城尾容疑者は平成15年ごろ、多額の資金を提供していた建設会社をめぐり、市と別のトラブルになっていたことが判明。関係者によると、この建設会社は市の中小企業融資制度を利用しようとしたが、金融機関の審査が下りず、融資は実現しなかった。

 会社の経営は悪化し、城尾容疑者は会長代行を務めていた水心会の資金繰りにも影響が出たとして、市への恨みを口にしていたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000031-san-soci


【ヘソクリ欲しくないですか?】


一生懸命働いても、お小遣いの少ないお父さん。

旦那の少ない給料のせいでちょっとの贅沢も出来ない奥さん。

おしゃれにお金が掛かるお姉さん。


この方法で簡単に5万円手に入れて見ませんか?

もちろん、違法ではありません。

企業もあなたも笑顔になれるお小遣いの稼ぎ方です。

http://mag-zou.com/report_get.php?id=m1325957148_6&n=m1000006139
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://marcy1024.blog39.fc2.com/tb.php/585-12c156df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。